海外の反応「うちのメイドがウザすぎる!」第6話 感想「うちのメイドの昔のオンナ? Our Maid’s Girl From The Past?」

第6話「うちのメイドの昔のオンナ?」
Episode 6: Our Maid’s Girl From The Past?

脚本:子安秀明/絵コンテ:三原武憲/演出:角松倶楽部/作画監督:濱口明

あらすじ
学校帰り、わしわしと別れて帰宅途中のミーシャの前に突然立ちはだかったのは、ゴスロリファッションを纏った背の高い女性。ミーシャをマジマジと見つめ、肌や髪の毛、唇などの特徴をねっとりと語り始めました。ミーシャはすかさず防犯ブザーを鳴らし、やって来た警官に「不審者に声をかけられた」と伝えます。警官に連れて行かれたその女性は・・・。




「全力で拒絶された…!全力で…!さ、最高…!」

(男性)

オーケー…どうやらみどりんは完全にイッちゃってるらしい…あのつばめが若干まともに見える

名ゼリフが満載だったし、たぶんこれまでの中で一番面白いエピソードだった気がする!

「そしてカレー汁とお嬢様汁の沁みついた衣服は後でスタッフもとい私が美味しくいただくとして…!」

>あのつばめが若干まともに見える

確かに…

今回はすごい面白かった つばめ自身にもストーカーがいると分かったのは良かったよ 
かわいそうにミーシャは家の中に変人が増えたせいで気が変になっちゃうだろうな

(男性)

今週のコラージュ!ぱっと見大したことなさそうに見えるかもしれないがミーシャの顔は93個ある

 

これが今までのフルバージョン 91MB

 

腹筋で顔スリスリしてくれないかな

>腹筋で顔スリスリしてくれないかな

ロリだったら良かったのにな

>ロリだったら良かったのにな

常日頃から考えてる

「私とは違う価値観の星の人?」(字幕:もうこんな惑星やだ)




ミーシャのリアクションはすごく良かった 今回は今までで一番好きかもしれない

 

「私とは違う価値観の星の人?」(字幕:もうこんな惑星やだ)

特にこれはお気に入り

「嫌な世の中だ」

これも忘れてくれるな

 

「小学生になんてことを」

「何度も言うけどほんと全然分かんない」

「って!回想の打線が長すぎた!」

今回のミーシャはすごいメタかったな

「私はゴミだからゴミ捨て場にいるのだ。何の不思議が?」

ここすごい分かる




今回のアニメーション、めちゃくちゃ表現豊かで良い作画じゃなかったか?

きっと経理担当が間違えて一桁余分に予算をつけたに違いないな…

今回はロリコンヘンタイ作家が携わってるらしいから、金よりもむしろ情熱だろうな

(男性)

どうりで

「なんで要求が上がっていくんだよ」

(男性、コロンビア ブカラマンガ)

新クレイジーレズビアン???

しかもすごく良いキャラだしふくれっ面もなかなか!

(男性、オランダ)

ニャル子さんの記憶が蘇ってきた

(男性、メキシコ)

クレイジーサイコレズたまりません

「流星号お前まで!」

(男性、イスラエル ティクヴァ)

あのマゾっ気満載のモンタージュは爆笑だった 延々と続いていくもんだから楽しさが尽きなかったよ
みどりんはいいね 叩かれて喜ぶ声が聞こえてくる愉快なピニャータみたいだ

 

まずい…怒らせると怖いぞ… 
この話はすぐに収束するような気がするけど、なんにせよ面白くなりそう




回を重ねても劣化しないハイクオリティーなアニメーションを見るのは新鮮だなぁ
でも中盤以降のほうがクオリティーが上がってるのには驚いた

いったい俺は何を見ていたんだ?このアニメかw

また作画がレベルアップしてる

ハチャメチャすぎた xD

作画は自分も気付いたよ 
今週はアニメーションも全体的な演出もかなりキマってた 妙だな

欲求不満メイドの登場に作画班は大歓迎という噂らしい

「とにかくお前はクビだ!」

>お前はクビだ!

やばいな

「私は戦略的に鴨居に私を痛めつけさせた」

今度はドMでゴスロリ姿の大人が登場 もはや次回何を投げつけられても驚かないな

 

つばめのカレーうどんをすする妄想はやばすぎる うどんは本当に何にでも利用できるな…?

 

「しかし同じ女である鴨居は私より遥かに見事なシックスパックだった」

ただしみどりんのセンスは非の打ち所がない
この腹筋は間違いなく命をかける価値ありだ




「ちょっと来てもらおうか」

まさか”Why not take a seat right over there?”(「そこに座ったらどう?」)が差し込まれるとは 腹筋崩壊したわ

 

補足

“Why not take a seat right over there?”:アメリカのリアリティ番組“To Catch a Predator”が元ネタのミーム。

“To Catch a Predator”(性犯罪者を捕まえろ):
SNS上で未成年を狙う性犯罪者を実際におびき寄せて捕まえる、という趣旨の番組で、実際に未成年に扮した成人女性の役者、隠しカメラをセットした住宅を用意するという気合の入った番組になっています。
まず、役者さんがおびき寄せられた性犯罪者と軽く会話をして気を緩めさせ、その瞬間に司会のクリスハンセンが颯爽と登場、その後逮捕という流れが定番となっており、この際にクリスハンセンが繰り出すこの定番フレーズがミームとして定着しました。

(男性、マレーシア プチョン)

このアニメの警察はビックリするくらい有能だね 
3話では学校でつばめを捕まえたし、今回はみどりを容赦なく追跡して捕まえてたな(回想シーンでも)

追記:前回もローアングルおじさんを逮捕してた

>腹抱えて笑ったわ

実際はあきれるほど酷い字幕だぞ 
正確な翻訳になってないしミームが突っ込んであるだけ
ガヴリールドロップアウトの二の舞いと言ってもいいよ

「私とは違う価値観の星の人?」

他にもいくつかあったね きちんとした翻訳よりもミーム映えを選んだんだな

“I don’t wanna live on this planet anymore”(「もうこの惑星での生活はごめんだ」)は意味不明だった

 

補足

“I don’t wanna live on this planet anymore”:アメリカのSFシットコムアニメ「フューチュラマ」に登場するセリフ。
日本語で言うところの「もうやだこの国」のような意味合いのミームとして使われています。

きちんとした翻訳だとどうなるの?

(男性、フランス)

つばめの素晴らしさを喋りまくるみどりんに対して、ミーシャは「私とは違う価値観の星の人?」(おそらく)と反応したんだよ

そのまま翻訳すると”Is that a person from a planet with different values than mine?”だけど、直訳すぎてひどいから、”What kind of planet do you even come from?”とかそんなところだろうね

しかもこのセリフは後のセリフにも影響していて、みどりんは”Don’t treat people like aliens!”(「人を宇宙人みたいに言うな!」)みたいな返しをしているんだよね
でもこれも”Don’t say that!”(「そんなこと言うな!」)っていうつまらない字幕になってる

自分は翻訳者でも日本語ペラペラなわけでもないから細かい部分は当てにしないでほしい(特に漢字!)けどまあ大体は合ってると思う

UMU!





「じゃあミーシャちゃん、また明日ね」

これに気付いたのはきっと俺だけじゃないはず…

気をつけないとダメだミーシャ!つばめは開幕早々すぐそこにいるぞ!

変装マスターだな

誰か犬みたいに尻を振ってるところのgif画像持ってない?
これは友達のためなんだ

ソース:reddit

22 Comments

匿名

>誰か犬みたいに尻を振ってるところのgif画像持ってない?
これは友達のためなんだ

海外の同志よありがとう!
俺も知り合いの従兄弟にこの画像頼まれててね、探してたんだ。

返信する
匿名

海外でイマイチこの素晴らしいアニメが人気ないのは字幕のせいか?
それともロリ変態のせいか?だけど日本での人気も似たような物なんだよねww

返信する
メイド(ガイ)

「私とは違う価値観の星の人?」
↑の意訳を的確に指摘してるフランス人すげぇ!

返信する
匿名

まあ許せるレベルの意訳じゃないの?
何の脈絡もない意味不明な翻訳もたまにあるし、1週間やそこらで間に合わせているなら十分凄いと思う
この作品は絵がキレイだしスケジュールが押して翻訳の時間がなくなった、、なんてことはないとは思うが

返信する
匿名

実況の動画みたけど、この流れのとき反応薄かったから、失敗かな感じたよ。
ミーシャの返しがキレッキレなのが、この作品の醍醐味だと思うから。

返信する
匿名

婆さん変装は全く気付かなかった(笑)

あのわさおみたいな白い犬は
何処から見つけてきたんだ??
実家の犬?

返信する
匿名

ありがとー
秋田犬ではなくサモエドかー
何度も見返していないけど
老夫婦とか全然気付かなかったわ

返信する
匿名

あ、老夫婦は出てこないよ、そういう説明があるだけで。
たぶん8話あたりかな、このへんの事情やるのは。

返信する
匿名

なんかキャラに既視感あるなと思ったら
ゴスロリ白髪ツインテ化した鵜飼は

終物語の老倉育とキャラデザそっくり
声も井上麻里奈かと思ったらMAOで
びっくり!声質似ているんだなこの二人

返信する
ななし

原画にたいぷはてなとか、ねこぱんつとか、エロ漫画な名前が出てきて吹いたw

ロリ規制を全力で挑発するスタイルが好きだ。

返信する
匿名

音泉の【うちのメイドがウザすぎる! ~キャッキャウフフするラジオ!~】にもMAOが参加して、3人でバカ話しててワラタ

返信する
匿名

しかしバラエティー番組のネタとして本当に犯罪者を逮捕して晒し者にするのか
アメリカのテレビは日本の地上波より自由度があるみたいだな
まぁ日本はその諸々の窮屈さの反動でこういうアニメを生み出せてるのかもしらんが

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。