海外の反応「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」第6話 感想「君が選んだこの世界」

第6話 君が選んだこの世界
Episode 6: This World You Chose

Story
朋絵と恋人のふりをするという約束の1学期も最終日となった。
七里ヶ浜での最後のデートを終え、「麻衣に未練がある咲太に愛想を尽かせて朋絵が振った」という設定で別れたことにしようと決めた咲太と朋絵。すべてがようやく解決したかのように思われたのだが……

Staff
脚本:横谷昌宏
絵コンテ・演出:いわたかずや
作画監督:野々下いおり/三橋桜子




麻衣が咲太を騙してキスするシーンはすごい良かった!

麻衣があんなことするとは思わなかったな 
もう少し関係が発展して欲しかったけど別の話が始まりそうだね

>Sasuga Azusagawa, buta yarou da ne…

「なんで朝起きると、昨日より気持ちが大きくなってるの!?」

古賀が咲太を人質に取らなかったのにはホッとしたよ

ループの理由が「咲太に対して特別な感情を抱きながら全てを終わらせることはしたくなかった」だったのは最高だった

咲太の友人になりたかったが故に咲太に対する感情を受け入れることができない
しかし忘れようと精一杯頑張っても感情が消えることはなかった

こっちのほうが無理やり咲太を惚れさせようとするよりも遥かに良い理由だね

キョンくん電話の新バージョン、お兄ちゃん朝ですよ!

つまりエンドレスエイトを1話に圧縮したらこうなると




双葉は四六時中実験室の器具でお菓子や飲み物を作ってるけど大丈夫なのか…

ループごとに咲太の砂の城が変化していくのは面白かった

>ループごとに咲太の砂の城が変化していくのは面白かった

よく気付いたね 初見では気づかなかった! 

3ループ分の城のギャラリー

「負けたほうがかき氷おごりね」

「尻を蹴りあった」

最高のエピソードだったけど、2人がもつれた原因の解説はここ最近で一番の含み笑いとあきれ顔にさせられたよ

正直、双葉が量子もつれの話題を出した時は一瞬で”合意の上の尻キック”を予想してしまったわ

「再現実験がしたい。尻を出せ」

尻キックに対する双葉のリアクションはたまらんかった

双葉の本性が明らかになったな




It’s. So. GOOD.

正直この作品の出来の良さには尊敬の念すら覚えるよ 
ラノベがライセンスされたら絶対予約するつもり

「先輩、目がエロい」

「先輩、目がエロい」 「知ってる」

咲太はマイスピリットアニマルと言わざるをえない

 

補足

スピリットアニマル(Spirit animal):その人がなりたいと感じている、またはその人自身をよく表している動物/人のこと。

「先輩が私を大人にしたんじゃん」
「なんかエロいなぁ」

古賀の「先輩が私を大人にしたんじゃん」に咲太と同じリアクションを取ってしまった事実はおそらく俺がヘンタイ本を読みすぎている咲太が教養人であることの証明になっていたな

咲太はベストガール

同意!咲太はベストワイフ

 

「なんてね 麻衣でした」

なんで何も描かれてないミームを貼ったんだ?




咲太はシュタインズ・ゲートに到達したのだ

エル・プサイ・コングルゥ

麻衣がバニースーツ姿に戻ったときはご飯こぼした

「いよいよ最後のデート」

このフレーズを耳にした瞬間タイムループが待ち構えてることを理解したよ

 

「先輩、目がエロい」

「あんまり見ないでって意味!」

この瞬間の自分の顔

 

「尻に救われたな」

古賀の尻はやばい

 

「ま、気長にやるよ」

「ま、気長にやるよ」 この時点でタイムループは確定だと思った

 

「お兄ちゃん朝ですよ」

うんYappari! ほらきた「キョンくん電話」「お兄ちゃん朝ですよ」




 

 

伝説の山田たえはこういうの好きそう

 

ループするごとに上昇していく咲太の砂の城の建築スキル 
繰り返しの単調さを和らげる粋な工夫だね

 

「みんなを騙すって決めた時点で地獄に落ちる覚悟はできてるんだろ?」

それはどうかな?

 

「お前は正義の女子高生だろ、古賀にできないことなんてない」

このセリフは唐突だな 物語シリーズのファイアーシスターズのネタかな?

 

「やってくれました日本代表!」

さすが古賀ちゃん これは予想だにしなかった

 

我々はthe Steins;Gate ~sekaisen~ world lineに到達したのである

 

「はい、その人は今時スマホも持ってない原始人です」

「誰かが噂してるな」(”My ears are burning”)- 咲太

 

補足

“My ears are burning”
誰かが自分の噂をしているときに使える表現。
直訳すると「耳が火照っている」となります。日本語における「くしゃみ」に近い表現。

・ローマ時代から、右耳が火照ると良いうわさ、左耳だと悪いうわさという俗説がある(英辞郎より引用)

 

「先輩が私を大人にしたんじゃん」

( ͡° ͜ʖ ͡°)イタズラっ子め

 

「その一年生と、最近なにか衝撃を与え合ったりしなかった?」

ちょっと量子もつれ実験をしてくるから席を外すよ

 

「私は牧之原翔子と言います」

頼むよ、クリフハンガーで終わる必要ってホントにある?

しかもこの子はオープニングよりも幼く見えないか?咲太を助けるために未来から飛んできたのかな




(男性、ドイツ ブラウンシュワイク)

正真正銘のドイツ市民としては古賀の優れたエンジニアスキルには拍手せざるを得ないよ

堀のついた円形の城は間違いなくベストな選択だ!

あれは古賀が城を作っている時に座っていた場所だよ だから咲太は「尻に救われたな」とコメントしていた
確かにそのおかげで毎回崩れなかったけどわざとではないw

「別に、たまには餌を上げたほうがいいと思っただけよ」

バニースーツ姿の女の子からニンジンをもらうというのは比喩だとしても上手い表現だよね
その後の文章は全く耳に入ってこなかったから巻き戻す必要があったよ

 

補足

アメとムチ(報酬と罰):英語では”carrot and stick”
ニンジンと棒を使って馬を走らせる様子に由来するそうです。

ちょっとパーフェクト過ぎる気がしたから巻き戻してみたんだけど、日本語ではニンジンではなく餌(bait)だった
まあ翻訳者にしてみればかなり好都合な表現だね

今日の学び carrot and stickの日本語版はcandy and whip

牧之原翔子の前後関係

名前の綴り方を説明したのはそのせいか、納得
確かに日本語を綴る際には便利なんだろうけど、咲太はあの子に好意を持っていたからきっとその子の癖が身についてるんだな

(男性)

ありがたい 完全に存在そのものを忘れてた

さながら麻衣の存在を忘れかけた世界みたいだな

誰の存在?

ソース:reddit

16 Comments

匿名

再現実験をしたい。尻を出せ
断る
いいから出せブタ野郎

今期一好きです。ブタ野郎ww

返信する
匿名

>正直この作品の出来の良さには尊敬の念すら覚えるよ 

青ブタが悪いんじゃん。全話丁寧に作画演出してるから…青ブタなんて嫌い、嫌い、嫌い…..でも好き、大好きーーーー!!!

返信する
匿名

城の所で、尻に救われたなってそういう事か。
作る最中に尻で圧縮して硬い城だから耐えたと思ってたけど、
尻跡が掘りになってたって事だったのか。

返信する
匿名

原作読んでると、咲太がなんでそう思ってるかの説明があるからわかるけど
確かにアニメだと、説明なくて突然だから「ん?」って思うかもw

返信する
匿名

正義の女子高生ってのは、最初に尻蹴られたときにトモエが自分のことを「正義の女子高生」だって言ってたからじゃないの?

返信する
匿名

「正義の女子高生」はロリコン変質者の尻に蹴りをいれてたからだな
確かにアニメ見ただけじゃ分かりにくい

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。