z0nvqfroqwa_607214
ケンブリッジ大学の研究によると、ミレニアル世代(1980年代から2000年代生まれのPCやスマホ、SNSに精通している世代)の孤独感を感じている青少年は幼少期にいじめや疎外感を経験した可能性が高いことなどが判明したそうです。(以下記事本文)
孤独なミレニアル世代の青少年は、他人との繋がりを実感している同世代と比べ精神的な問題を抱える、無職、人生において成功を収める能力に対して悲観的に感じるなどの傾向が高い

ジャーナル誌からの引用:
現代イギリスにおける孤独な青少年:疫学的コホート研究に基づく調査結果

Timothy Matthews (a1), Andrea Danese (a1) (a2), Avshalom Caspi (a1) (a3), Helen L. Fisher (a1)
心理医学 2018
DOI: https://doi.org/10.1017/S0033291718000788
オンラインに掲載された日付:2018/4/24
Link: https://www.cambridge.org/core/journals/psychological-medicine/article/lonely-young-adults-in-modern-britain-findings-from-an-epidemiological-cohort-study/2AD2B6E4613435CDF85BC4359DD51A1B

要約

背景
この研究の目的は、青少年の孤独感の相関の詳細かつ統合的な統計グラフを現在の健康状態、機能、幼少期の経験や環境の観点から作成することにある

手法
データは1994年と1995年にイングランドとウェールズで生まれた2232人の同時出生集団(the Environmental Risk Longitudinal Twin Study)から抽出され、孤独感は被験者が18歳以上の時に測定された
回帰分析は青年期における孤独感、健康状態、機能の間のコンカレント・アソシエーションをテストするために用いられた
縦断的分析は青年の孤独感と関連する幼少期の原因を検査するために行われた

結果
通常より孤独感を感じる青少年は精神的な問題を経験したり、身体の健康を害する行動をしたり、よりネガティブな方法でストレスに対処する傾向が高い
彼らは就職に対して自信がなく無職である可能性が高い
幼少期に精神的な問題に悩まされたりいじめや社会的な孤立を経験する可能性が高い
孤独感はジェンダーや社会経済的な背景に対して均等に分布している

結論
青少年の孤独感は様々な問題と共に引き起こされ、その後の人生において健康問題を引き起こす潜在的な影響がある
調査結果は孤独な青少年が年齢を重ねるにつれ孤独感の中で身動きを取ることができないようになることを防ぐために早い段階で介入することの重要さを強調している

これに対するコメント

これは誰にでも当てはまるように思えるな ミレニアル世代だけじゃないよ
そうだな 
「人生において成功するための能力に疑念を抱く」点は彼らの年齢を考えると一番当てはまることだろうけどね
社会的なつながりが不足していると誰でも自信を失いうると思う 
ミレニアル世代に限った話じゃないよ
彼らの生きている時代を考慮すると、というほうがより正確だな
絶望は年齢に関わりなくあるものだよ
予想通りの答えのようだ
でも私達はこの問題を解決する方法を知っているのか?
もっと外に出て人と関わるべきだと言うことはできるけど、孤独感の伝染病の原因で、個人がコントロールできるものとできないものはどういった割合なんだ?
経済問題や、やらなければならない仕事があまりにも多くて外に出る気力がないなどの理由はどの程度あるんだ?
社会からのプレッシャーを忘れてはならないぞ
正直、原因は何よりもコミュニティの不足だと思うな 
実生活には地域社会が必要だ
面白くないか? 
世界はかつてないほどに人間が密集して互いに繋がり合っているのに、自分たちのコミュニティの価値は死にかけてる

この世界に生まれた者は皆、自分のパズルのピースがはまる場所を主張して戦わなければならないんだ  かつてはコミュニティがピースをはめるのを手助けしていたんだが 

この世界には人が多すぎるし、こういう人たちにとって必要なだけの仕事や目的がないんだ
異文化交流がコミュニティに停滞をもたらすという証拠もある
すごく奇妙で興味深いよ
もしそれが主要な要因なら、ロンドンやトロント、そしてニューヨークのような国際的な場所では精神病がより蔓延している可能性が高いし、東京、アメリカの田舎、東ヨーロッパの大部分のような連帯意識の強い単一民族の地域では精神病が少ない可能性が高いことになる

こういった地域に犯罪などが蔓延していることを考えると、異文化交流がメンタルに及ぼす影響はとるに足らないことだよ
俺だったらその2つを関係付けはしないな

メンタル的に健全で共同体意識を持っていない人もいるかもしれない
精神的な問題があると必ず犯罪を犯したり、暴力的になる人しかいないわけでもない

こういう問題はいい言葉が思いつかないけど、心の問題だと強く思うな
こういう問題は感情や気分に基づいていて、理性、ロジック、プロセスといったものとはかなり異なった問題なんだ
ああ、でも共同体意識の落ち込みがこういった精神的な問題の原因だとすると、こういった問題を抱える人は共同体意識の強い地域には少ないことになる
でもそうじゃないから、共同体意識は無関係か、共同体意識がほとんどない地域が他の方
法でバランスを取っているということになる

これが意味するところは、異文化交流が何かしら意味のある形でこの問題に関連している可能性は少ないということだよ



ソース:reddit