c9RPJre
第5話 スギ花粉アレルギー

STORY

大量のスギ花粉が体内に侵入! スギ花粉を排除をするため、現場へと急行した 白血球(好中球)は、そこで“記憶細胞”と居合わせる。 記憶細胞は免疫記憶を保持しているリンパ球である。 現場の光景を目の当たりにし、なぜかあたふたしている記憶細胞。

「なんてこった! これじゃまるで、言い伝えと――」
記憶細胞が言う“言い伝え”とは……?


STAFF
脚本 柿原優子 絵コンテ・演出 大脊戸 聡
4e18c21d

「とにかく食えばわかる!」

白血球は問題を特定するのに一番ハードコアな手段しか取らないね
7310e9fc

この話を見たら花粉症が怖くなったよ なんてこった、強烈だったな

今週中にこの話のドクターノートを読むのが待ちきれないな
16647933

ステロイドロボットが全てを破壊するところがおもしろかった


マスト細胞はかわいい!

特に脚
c9RPJre

マスト細胞は俺の嫁
xrrrlkh

>B細胞のBはバカのBでしょ?

いや、ベストの略だな
ちょっとみんなに知らせておきたかったんだけどはたらく細胞BLACKの3章が翻訳されたんだ
いやー細胞にとってはちょっとしんどい状況になってるね
ぜひいつかアニメで見たいけど、楽しいものになるとは思えないな :(
Blackバージョンってなに?
悪いニュース:考えうる最悪の生活習慣

良いニュース:白血球おねえさん
実は最も不健康な成人の体の中が舞台なんだよ 
しかもディストピアみたいな設定になってる
普通のはたらく細胞をマイリトルポニーだと考えるんだ 
BLACKはエヴァンゲリオンみたいなものだ
6fc4c518

まさかアニメを見て花粉症対策で抗ヒスタミン剤を飲むことを後悔するとは思わなかったな、でも仕方ないね

そうは言っても、これで薬を飲むたびにロボットを配備する効果音を出せるから一長一短だね
いや抗ヒスタミン剤は大丈夫だよ 
かわいい細胞をめちゃくちゃにするのはステロイド(コルチコステロイド)なんだ
普通の細胞は抗生物質や治療の二次的ダメージとしても破壊されるということ考えると震えるよ  
かわいそうに kawaii細胞 :(
TvCbBqs

赤血球は何を優先すべきかわかってるね

血小板を守れ!
過剰反応!!!

たぶん一番とは言わないとしても人間の体の大問題の一つだろうな

このアニメの予測不可能なところが大好きだよ 
例えば「クレイジー」な陰謀論男がみんなを正しい方向に導いて花粉症の侵略に策を講じると予想するも、逆に大量破壊マシーンが現れてすべてを吹き飛ばすところとか笑!
一番大切な血小板たちを守ってくれた赤血球には敬意を表するよ

花粉はこんなにひどい状態を引き起こすんだね

もっとマスト細胞が必要だな 彼女は超かわいいな
1515334c

忍野メメの声優がゲスト参加してたね ナイスだ

アレルギーはどのように生じるのかということを伝えるという点における製作の仕事ぶりは素晴らしかったね
害を及ぼす物質ではなく、体がおかしなマニュアルを読んでることが原因っていうね・・・

抗アレルギー薬にステロイドが入っているというのは知らなかったな エデュテインメントという点では見事だね
エデュテインメント(英: edutainment)は、娯楽でありながら、娯楽と関係ない分野の教育として機能するようなエンターテインメントの形式である。 テレビ番組、テレビゲーム、映画、音楽、ウェブサイト、マルチメディアソフトウェアなどといった一般的な娯楽の中に教育的要素を埋め込むことで、聴衆や視聴者を教育する。(Wikipediaより)
ttr

このアニメを見れば見るほど、自分たちが平均して~70年生きることが段々とすごいことに思えてくるよ
ものすごい数のやつらが(たまに自分自身の体も)人間を殺したいと思っているんだな
もし体に再生能力がなかったら生まれて最初の一ヶ月で死んでしまうだろうね
ゆっくりと死に向かう身体というのはこういう作品を締めくくる方法としては気が滅入るだろうな
世界は無政府状態に陥り、 指導者的立ち位置の細胞や内分泌細胞は殺され、病原体が蔓延り、光が1つまた1つと徐々に消えていく・・・

はたらく細胞BLACKはこのためにあるんじゃないかな
M1A2Cb5

左上で動いてる「細胞」は画面に虫が付いてるのかと思ったよ

jRX6Xpj

惨劇が明らかになっていくシーンの白血球のリアクションはおもしろかったな 全体的に見てもおもしろかった すごく教育的でおもしろくて何が何だか分からなかったよ
9az5xCE

赤血球と白血球が死んだスギ花粉に謝ってるのはクスッときたな 
2人の顔はおもしろかったよ

k3qdi5Y

5faa5b64

花粉症アレルギーが取り上げられたということは、くしゃみや涙の描写をちらっと見ることができたということだね 
見たところ、他の身体反応も含めかなり上手く描かれていたと思うな 
ステロイドは慈悲のかけらもなかったね
HWgV4BU

ステロイドに対する細胞のリアクションのほうが面白いと思ったよ!
このエピソードで学んだ赤血球に関する2つのこと:

赤血球はまぬけな場合がある

赤血球は走ることができる
赤血球はまぬけだよ 
早い段階で核を追い出したんだ 本質的には自分にロボトミー手術をしたということだね

赤血球は走ることができるよ
心臓が安静状態の身体の全ての血液を循環させるのに掛かる時間は約1分なんだ
大したことには聞こえないかもしれないけど、心臓と足の距離を細胞レベルの大きさで考えたら体中の血液はまさにのんびり歩いている状態なんだ
平均的な血流速度は3.5mph/5.6kmh
平均的な人間の歩行速度は3.1mph/5.0kmhなんだ
4282d877

おお、アレルギー編だ!
送られてきたロボットがプソイドエフェドリン(SUDAFED)じゃない理由が気になる人に向けて言うと、これは日本では違法だからなんだ
日本に旅行する予定の人は許可された薬かどうか確かめておくんだ 日本では処方箋も含め禁止された薬に対する配慮はされないからね

季節性アレルギーはすごいうっとおしいね 自分自身も悩まされてるよ
アレルギーはI型過敏症の一例なんだよ 
過敏症は免疫細胞の気が狂って、身体にダメージを及ぼすような予想外のことをしてしまう状態のことだ 例えばIV型は移植臓器拒絶において生じるものなんだ
なんでsudafedが一部の地域で違法かというと、そこからメタンフェタミンを作ることができるからだね
日本でプソイドエフェドリンが禁止されている理由は第二次世界大戦後のメタンフェタミンにまつわる大きな問題が原因だと自分は考えているよ
メタンフェタミンは1893年に日本で発明され、第二次世界大戦においては帝国陸軍の兵士向けの備蓄品でもあったんだ メタンフェタミンは戦後に大量の中毒者を生み出したが、政府がこれを厳重に取り締まったことでメタンフェタミンの製造物は海外に流れたんだ
BshMIEU

脂肪細胞はマスト細胞の別称なの?(純粋な日本の医学文献のような形式のもの?)
西洋医学では一度も耳にしたことがないな
マストは「太らせる」のドイツ語なんだ
ネーミングが稚拙なのは、この細胞を発見した人が栄養の分配を担当する細胞だと考えたのが原因だよ
日本名はコンセプトネームを「脂肪細胞」として継承したんだ だからそういうことだね
翻訳の慣習だとわかってはいるけど、メモリー細胞はもっと正確にメモリーB細胞とするべきじゃない?
B細胞が適切な抗体を組み立てて攻撃することができるのは、メモリーB細胞の「過去に何が起きたか」という記憶と記録のおかげじゃなかった?
287d2191

ステロイドが開くシーンがガンツのオマージュに感じたのは自分だけ?
なんていうか一番初めに思い浮かんだのがそれだな あの開き方とか

それに今回のエピソードはすごく良かったよ 
これまでに登場したほとんどの細胞を見ることができたのはおもしろかった
しかも来週はついに白血球と赤血球のいいものが見れるな
ZTrU8Nl

この子のパートナーはどうなったんだろう? :(
TvCbBqs

別の一人ぼっちの血小板の画像が貼られてたよ
混乱のさなかでバラバラになってしまったんだろうな
ea5d090b

人体の内部の自然な反応が「皆殺しにして神が救うに任せろ」みたいな状態になってるだなんてビックリだったよ

編集:みんなありがとう 薬が原因だとは気付かなかったよ
"Kill them all, let God sort them out."
1209年、十字軍が異端カタリ派の町ベジエを攻撃した際、兵士に異端派と正統派カトリックの見分け方を尋ねられた教会指導者が述べた言葉だそうです。攻撃を受けたベジエは一日で全滅しました。
一応はっきり説明すると、完全な自然反応ではないんだ 
ステロイドボット9000が外部から薬を表現したカプセルでやって来たんだよ
最大級の侵入に対する人体の反応があれだね 
熱、炎症、赤血球を犠牲にして血栓を作る、アレルギー反応・・・

大抵の場合、侵入に対して人体が即座に策を講じることができない場合は、大量の副次的ダメージをじっと我慢することになるみたいなんだよ
つまり、むしろゴジラに恐怖するあまりトカゲを見つけるたびに核爆弾を発射する国みたいなものだね
大量の被害を引き起こすかもしれないけど、ゴジラが引き起こすかもしれない被害と比べれば簡単に修復できると考えているということか
ガンを倒そうとする方法はだいたいそんな感じだね
基本的にはそんなところだね
気付いただろうけど、スギ花粉のアレルゲン自体はそこまで被害を引き起こさなかったんだ(単にばらばらに歩きまわっていただけ)
ひょっとしたら建物の1つや2つを叩き潰したかもしれないけど、ヒスタミンの引き起こす被害と比べるとはるかに小さな被害なんだ
体がリラックスした状態にあって、まあ、スギ花粉のアレルゲンに対して命に関わる敵のような扱いをしなかったら、こんなことは一切起きなかったんだよ

アナフィラキシーのようなケースでは、ヒスタミンが引き起こすダメージによって本当に死に至ることもあるんだ
全部ぶち壊しにしてくれてグッジョブだ、Tヘルパー細胞



ソース:reddit